洸陽電機の電力料金「ケタ違いの節約額」と関西で話題!関電と比較も~電力自由化 各社の動きPart4~

TOP >  洸陽電機の電力料金「ケタ違いの節約額」と関西で話題!関電と比較も~電力自由化 各社の動きPart4~

洸陽電機の電力料金「ケタ違いの節約額」と関西で話題!関電と比較も~電力自由化 各社の動きPart4~

2016年4月27日|電力自由化一覧に戻る

関西のシミュレーション結果を賑わせている洸陽電機って?

電力自由化に伴い、電力会社を変更しようと思っても、
一般の方がご自分で最適な電力会社を見つけるのは難しいですよね。

そこで、多くのサイトがインターネット上でシミュレーションを行ってくれています。

いま、そんなシミュレーションサイト上で話題になっているのが


洸陽電機

という電力会社です。


特に関西電力エリアの方のシミュレーション結果では
のきなみ「年間お得額が大きい」ということで最上位に上がってきているのですが、
この会社、みなさんご存知でしょうか?


今回は、この洸陽電機についてのお話しです。
「とりわけお得額額が大きい」と話題の関西電力エリアの電気料金を中心にピックアップしたいと思います。

関西電力のプランとの比較などもしていますので、参考にしてみてください。


実は「歴史」も「エネルギー事業の実績」もたくさんある会社

「洸陽電機? 聞いたことないなあ」


という方が大半かもしれませんね。
それもそのはず、一般家庭向けには目立った事業はこれまでなかったのです。

ですが、実は20年以上の歴史がある会社なんです。


創業は平成5年(1993年)。
兵庫県神戸市に本社を構える会社で、事業内容の中心もエネルギーに関するものです。


太陽光発電所や地熱発電所、バイオマス発電所など大型の発電施設で
再生可能エネルギーをつくっているほか、

実は家庭用の低圧電力の小売り事業に参入するより前から
すでに高圧電力と呼ばれる電力の販売・供給を行っています

高圧の供給先は、企業、工場、学校、役所など1500もの施設に及びます。


つまり、よくある「電力の小売りは今回が初めて」という企業ではなく
すでに歴史も実績もある企業が、家庭用の事業に今回のタイミングで参入してきた
という事です。


洸陽電機の電力を購入できる地域は?対応エリア(2016年4月26日現在)

当初は関西電力管内のエリアからスタートしましたが、
エリアを広げ、東京電力・中部電力・九州電力管内でも電力の販売が始まりました。

【関西電力エリア】
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県


【東京電力エリア】
東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県、栃木県、群馬県、茨城県、静岡県


【中部電力エリア】
愛知県、三重県、岐阜県、静岡県、長野県


【九州電力エリア】
福岡県、佐賀県、大分県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島


どれくらいお得なの?関西電力のプランと比較してみました

神戸の会社ということもあってか、関西電力管内では特にお得度が高いようです。


そこで、今回は関西電力との比較をしてみたいと思います。

電気料金プランは2種類あり、シンプルな設計で分かりやすくなっています。

●きほんプラン

関西電力の料金プラン「従量電灯A」と同じ設計で、
全ての段階で関西電力よりも価格を下げてきています

ほとんど電気を使わないような単身の方、夫婦世帯の方、
昼間に運営している店舗などに適したプラン
ということです。

最も少ない電力使用量の段階から安い価格の設定となっているため
使用電力が少ない家庭でも少なからずメリットは感じられますが、
電気を使うほど差額が大きくなるため、たくさん電気を使う家の方がお得度が増します。

きほんプランと従量電灯Aの比較
●生活フィットプラン

もう一方のプランが、夜間や休日の電気料金が安いプランです。


DINKSや、昼間家にいない方、休日や夜間に電気をよく使う店舗など
に向いているということです。

また、夜間の料金が安いため太陽光発電設備を導入しているご家庭にも最適です。

こちらは関西電力の料金プランにはぴったり該当するものはありませんが、
関西電力が4月から開始している新プラン「eスマート10」と
夜間帯の時間縛りが同じですので、このプランと比較してみました。

下の表をご覧いただくと分かるように、eスマート10には夏季料金というのが設定されています。
対して生活フィットプランには季節の縛りはなく、曜日と時間の縛りのみとなっています。

比較してみると、1年を通じて全時間帯、生活フィットプランの方がお得であることが分かります。

ただし、全く同じ料金設定のプラン同士を比較したものではありませんので
この結果が全てではないということも頭に入れておくようにしてください。

生活フィットプランとeスマート10の比較
東京電力・中部電力・九州電力エリアについて

東京電力・中部電力・九州電力エリアも
「きほんプラン」「生活フィットプラン」の2種類が設定させれています。

ただし、料金はエリアによって異なります。
詳しい料金設定は、洸陽電機のホームページにてご確認ください。


毎度おなじみになってきた筆者宅のシミュレーション結果、なんと年間……

洸陽電機のホームページ内にてシミュレーションを行うことができます。


ということで、今回も関西電力管内の筆者宅ではどうなるのか調べてみました。


まずは、現在の契約と、生活スタイルを入力していきます。
入力といってもプルダウンとクリックが中心。
この段階で手入力するのは使用電力量の項目だけでした。
▼▼▼

シミュレーション画面


ここまでで、ある程度2つのうちどっちのプランが最適かを診断してくれます。
我が家の場合はこのようになりました。生活フィットプランに向いているようです。

▼▼▼

洸陽電機シミュレーション結果


次に具体的に「どの曜日」の「どの時間」に「どれくらいの割合」で電気を使っているかを入力します。

夏場は夜中もクーラーをつけたままのことが多い我が家では、季節によっても全く違うため
どのように割り振るのが正解か正直難しかったです。

ただし、これは関西電力の「はぴeみる電」でも同じことです。
やはり、スマートメーターがない段階では正確に把握するのは困難ですが、
ある程度イメージで入力してみました。
▼▼▼

洸陽電機シミュレーション画面


これで、いよいよ結果が出ます。

筆者宅ではなんと年間1万7470円もお得になるという結果になりました。

もちろん、この金額はあくまで目安であり保証されるものではありません。
それでも、これまでのどんなシミュレーション結果よりも大きなお得額になったので正直驚きました。
▼▼▼

洸陽電機シミュレーション結果


電力エリアごとにシミュレーションページが設けられていますので、ぜひ試してみてください。

→ 洸陽電機シミュレーションページ

※最初に表示されるのは関西電力エリアです。
 お住まいの地域に合わせて、任意のページにお進みください。


解約手数料がかからないという安心感

また、原則として基本利用期間を1年間としているそうですが、
2017年3月までは事務手数料・解約手数料が無料とのことです。


電力自由化は始まったばかりですから
「失敗したくない」「どこに乗り換えるか決めかねる」「この会社でいいのか不安」
という気持ちは付きまといます。

「2年しばり」という新電力会社が多い中、このメリットは相当大きいのではないでしょうか。


これからも家庭目線を大切に気になる情報をお届けします

今回も最後に筆者がでしゃばる形になってしまいましたが、
お得額が大きいと関西で話題になっていることにも素直に頷けました。

だからといって、今すぐ乗り換えるかどうか決めていないのですが、
前向きに検討したい電力会社としてはかなり有力です。


今後も気になる情報が入ってきたときは
いち早く皆様の目線でお届けしてまいりますので、ご期待ください。

また、今後の電力のことはもちろん、エネルギー全般に関することなら
いつでもお気軽にご相談ください。

日本住宅工事管理協会は第三者機関ですので
客観的な立場からアドバイスをさせて頂きます。

一覧に戻る



運用サイト

ページトップへ戻る