新電力会社に乗り換えてみました~後編:実体験で気が付いた注意点~

TOP >  新電力会社に乗り換えてみました~後編:実体験で気が付いた注意点~

新電力会社に乗り換えてみました~後編:実体験で気が付いた注意点~

2016年7月11日|電力自由化一覧に戻る

前回は筆者宅が新電力会社へ乗り換えを行った経緯や、
乗り換え時のポイント、乗り換えまでのフローなどをお伝えしました。


今回は、これらの経験から筆者が気がついたこと、乗り換え時の注意点などをご紹介します。


今回お伝えするポイント

■︎メール登録はよくチェックするアドレスを使う!
■︎スマートメーターの切替工事はいつ行われるか分からない!?
■︎過去の支払いデータを保管しておく!


メール登録はよくチェックするアドレスを使う!

新電力会社への乗り換えは非常にシンプルで簡単な手続きであっただけに、
筆者はちょっとした見落としをしてしまいました。


日本人の悪い癖なのかもしれませんが、

筆者は勝手に

「切り替え前に書面や電話で切替工事に関する日取り決めの連絡が来る」

と思い込んでいました。


が、実際は一切の電話や書面連絡はなし。


5月末には新電力会社への乗り換え申し込みをしていましたが、
7月に入る頃に「おや?  そういえば、まだ連絡がないぞ」
と思い問い合わせてみると、すでに6月末には切り替わっていたとのこと。


そう、連絡はメールのみだったのです。

メールを確認すると、そこには確かに切り替え日の案内がありました。


登録に使ったメールが20年近く使っているフリーアドレスであるため
DMや迷惑メールが大量に届きます。

そのため頻繁に確認することに嫌気がさしており、そのままにしていたのが失敗でした。


スマートメーターの切替工事はいつ行われるか分からない!?

筆者が新電力に切り替えられていることに気がつかなった原因のひとつが、
知らない間にスマートメーターへの切り替えが完了していたことにあります。


現在、電力メーターがアナログタイプというご家庭は多いと思いますが筆者宅も同じでした。


この場合、新電力会社などに乗り換える際にはスマートメーターという
デジタルのメーターへ切り替える必要があります。


一部情報では、スマートメーターに切り替えがなされる家は
工事の立会いが必要になる可能性があるとの声がありました。


これは、新電力会社への切り替え全般に関する情報でしたので、
筆者宅の管内である関西電力や乗り換え先である洸陽電機に関する情報ではありませんでした。

筆者宅の場合はどうやら工事立会いは不要のパターンだったようです。


こちらが頼んだことだとはいえ、日程の知らせもなく、知らない間に工事が行われていたというのは
何となくではありますが、正直変な気持ちになりました。

ただ、検針票は個人の持ち物ではなく電力会社の物ですから仕方がありませんね。


とにかく、必ずしも工事日程の相談などが入るとは限りませんので、
電話連絡などを待つだけではなく細かなメールチェックが必要のようです。


過去の支払いデータを保管しておく!

電気料金の控えなどは必ず手元に残しておくようにしましょう。


せっかく新たな電力会社と契約しても、前年同月などと比べてお得になったかどうかを
確認出来なければ今後の検討材料が減ってしまいます。


紙の明細は捨ててしまったという方は、インターネット明細などに切り替えられるか調べてみてください。

インターネット明細であれば、ほとんどの場合過去の電気代も表示させることが可能です。


ただし通常、電力会社を乗り換える前にインターネット明細に登録しておく必要があります。


ちなみに乗り換え前までは関西電力を利用していた筆者宅の場合。

関西電力の電気の使用量や料金をチェックできるサービス『はぴeみる電』に登録していました。


乗り換えが完了している7月初旬現在、まだ過去のデータを確認することは可能でした。


しかし、いつまで確認できるかは分かりません。

解約前に月ごとの明細を印刷したり、画像をスクリーンショットなどで残しておくと良いでしょう。


第三者機関として当協会ができるお手伝いがあります

今回は、実際に新電力会社に切り替えた際に感じた注意点などを中心にお伝えしました。


今後も、切り替え後にどのような変化があったか、
実際に思惑通りお得になったのかなど検証して、この場でもご紹介していきたいと思います。


また、今回は筆者の乗り換え体験をもとにご紹介させて頂きましたが
今回お伝えした例は、あくまでも筆者個人の物であって
全ての方に最適な選択とは限りません。

当協会はあくまでも中立の立場にある第三者機関です。

特に決まった電力会社をおすすめする立場ではありません。


したがって、どの電力会社にすべきかお悩みの方からのご相談があった場合、
まずは何に重点を置いて考えていらっしゃるのか、
どのようなご家族構成、生活スタイルであるかなどをお伺いしたうえで
ご相談者ごとに納得のいくプランを一緒に考えさせていただくようにしています。


以前よりお伝えしてきたように、当協会の推奨する「電力会社の乗り換え時期」は夏場です。

まずは事前準備をしっかりとして、乗り換えを検討し始めてみてえください。


お悩みの方は、どうぞお気軽にご連絡ください。
その際、お手元に最新の電気料金明細があると、スムーズにご相談いただけます。


>>こちらの記事も併せてお読みください

→ 『新電力会社に乗り換えてみました~前編:手続きや乗り換えまでのフローを実体験~

→ 『まだ早い?電力自由化、新電力へのベストな切り替え時期はいつ

一覧に戻る



運用サイト

ページトップへ戻る