高断熱住宅

TOP >  高断熱住宅

高断熱高気密住宅が省エネを関連させます

省エネ性能を高めるためには高断熱高気密住宅にすることが重要です。
高断熱高気密住宅はご自宅のエネルギー(電気料金)を考える際に必ず考えなければいけない問題になります。

電気料金の問題を考えたときに多くの方が太陽光パネルの設置やオール電化を考えます。
もちろんオール電化や太陽光パネルもご自宅のエネルギーに直結しますが使う電気を太陽光パネルで発電して、オール電化にして使用をしても、そもそもの家が夏なら暑くなりやすく、冬なら冷えやすければ節電に対して十分な効果を得ることはできません。

住宅のエネルギーを考える場合、使用する電力部分だけに注力をするのではなく、そもそもご自宅が省エネに向いているのかどうかを確認する必要があります。

高断熱住宅は電気使用量をできるだけ少なくできるように、夏は涼しく、冬はあったかいお状態を保つものです。

太陽光発電やオール電化等ばかりに注意がいってしまい、そもそもの家の検討をされない方が多いです。
せっかくの太陽光やオール電化を活用してご自宅を省エネに近づけてもいわゆる燃費の悪い家になってはもったいないので断熱性能などにも注意を行うようにしましょう。

高断熱住宅のイメージ

高断熱高気密住宅のためのキーワード

高断熱高気密住宅とは「次世代省エネルギー基準」を目安としていることで明確な定義は地域ごとに異なっています。
明確に基準値が定められており「Q値」、「U値」といったもので表現をされます。
これらの値が一定の基準値より下回っている場合、高断熱高気密住宅といわれるようになります。

具体的な工法などのガイドラインがあるわけではなく、設置後の測定値で高断熱高気密住宅となります。

気密とは、住宅内に隙間風などが入ってこないようにすることです。
断熱とは、壁や屋根や窓から熱が移動しないことです。(夏なら熱気が入ってこない、冬なら寒気が入ってこない)

高断熱高気密住宅とは隙間風が入ってこずに、温度が外部状況に作用されにくい住宅のことです。

主な特徴は次のとおりです
① 省エネルギー
② 結露などが起こりにくい
③ ヒートショックが起こりにくい
④ カビやダニが発生しにくい
⑤ 花粉、じん埃が進入しにくい
高断熱高気密住宅は住人だけでなく、環境にもやさしい住宅となります。

ハウスメーカーや工務店も高断熱高気密住宅を推し進めていますが実際に「次世代省エネルギー基準」 にのっとり高断熱高気密住宅と認定できる住宅は平成17年度の調査では約30%程度であったことが知られています。

このことには施工店の技術不足などの理由があります。
間違いのない高断熱高気密住宅を作るためには施主様がきちんと理解することとあわせて、しっかりと技術を持った業者に依頼することが重要となります。

高断熱高気密住宅にするために押さえておくべきポイントは次のことです。

①断熱力 ②気密力 ③換気力 ④設備設計力

①断熱力

断熱力は悪いとオール電化にした場合、電気料金が多くかかってしまいます。

夏なら冷房などで冷えた室内の空気は外の暖かい空気にどんどん温められていきます。
冬なら暖めた室内の空気は外の冷たい空気にどんどん冷やされていきます。

どれだけ室内を快適な状況にしても時間がたてば暑かったり、寒くなってしまうのはこのためです。
断熱力を高くすることでこれらの熱移動を防ぐことができます。
断熱力が高い家は一度冷やしたり、暖めるとその状態が長く続くために、電気の使用量を防ぐことができます。

断熱力を見直すポイント

① 熱移動は「床」「壁」「天井」「窓」で起こりやすい
② 断熱工法には注意しよう
③ 断熱材は様々なきちんと意見を聞いて納得するまで聞きましょう
断熱力を高くすることで暑くなりにくい、寒くなりにくい家になります。

②気密力

気密力が悪いと隙間風が入ってきてしまいます。その結果、熱移動が起こり冷やした空気や暖めた空気が外部に出て行ってしまいます。

気密とは隙間をなくすことです。
気密力が高ければそれだけ隙間が少なく、隙間風は入ってこなくなります。
断熱が間接的に熱移動を起こすことで室内温度を変化させるのに対して、気密は直接的に熱移動を引き起こす原因になります。

断熱力と気密力は異なるものですがこれらはセットで考えなければ意味はありません。
誰だけ断熱力が高くても気密力が低ければ省エネにはならず電気料金を下げることはできません。
逆も同じで気密力が高くても断熱力が低ければ意味がありません。

気密力を見直すポイント

① 局所換気などの見直す
② サッシなどに隙間を見直す

気密力を高くすることで快適な住宅を得ることができます。

③換気力

高断熱高気密住宅では換気が一番重要となります。
適切な換気ができていない住宅の場合、換気量が多ければ熱移動が多くなりすぎて、電気料金が下がることはありません。
逆に換気量が少ない場合、においの原因や結露の発生につながります。

換気は生活環境に直接影響を与えます。
換気量が多すぎても、少なすぎても問題になり、経験豊かな技術者の判断があることで最適な施工を行うことができます。

換気は花粉や結露、温度、シックハウスに直結するものなのでじっくりと検討することが重要なのですが、断熱力や気密力に比べると軽視されがちです。

換気力のポイント

① 気密力の高い家は換気効率も上がる
② 24時間換気システムが効果的
③ 花粉対策をしっかりと考える
④ 結露から建物を守る必要がある
⑤ トイレの臭い、浴室の湿気、キッチンの臭いと湿気を考える

適切な換気を行うことで快適な住宅につながります。

④設備設計力

設備設計力は適切な冷暖房能力のものを選ぶことです。
ご自宅の断熱力・気密力・換気力を考えずに冷暖房機器を購入するのではなく、適切な機器を購入するようにしましょう。

設備過多だと費用が必要以上にかかってしまい、逆に設備過小だと暑かったり、寒い家になってしまいます。

設備設計力は現状をまずきちんと把握することが重要になります。
断熱力・気密力・換気力を見定めて検討するようにしましょう。

日本住宅工事管理協会がお勧めするトータルサポート

日本住宅工事管理協会では各ご家庭のエネルギー状況が最適になるようにサポートを行っています。
高断熱高気密住宅をご検討されている方はお気軽にご相談ください。

客観的な立場でご自宅の高断熱高気密化をサポートをいたします。



会員施工事例

太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電

施工事例一覧を見る



関連リンク

一般社団法人日本住宅工事管理協会

JCMA屋根相談

JCMAインスペクション

ページトップへ戻る