オール電化について

TOP >  オール電化について

オール電化を正しく理解し電気料金の節約につなげる

オール電化の魅力は様々な電気料金の割引があることですが数も多く、多くの人にとっては良くわからないものです。
また、オール電化が普及し始めてずいぶんになりますが当協会に相談ある内容のほとんどは
「オール電化は結局お得なの?」といったものです。

ここではこれからの住宅のエネルギーを考えていく上で重要と思われることをご紹介していきます。

これからのオール電化を考える

オール電化が普及して10年以上たっています。
今までのオール電化の焦点はガスと電気どちらがいいのというものでした。
しかし今は少し状況が変わってきています。

政府が2030年までに全世帯に設置を検討しているHEMSやここ数年で爆発的に設置が増えて今後も設置が見込まれる太陽光発電システムや今後の技術革新が期待されている蓄電池等でオール電化にするメリットが様々なところで出てきています。
そのためオール電化は今後の住宅のエネルギーを考えるうえで避けては通れなくなっています。

結論から言いますと太陽光発電システムの設置を行っている方やHEMSの導入を検討している方、蓄電池の購入を行った方はオール電化にした方がお得といえるでしょう。
オール電化を目指す理由の一つに2016年に開始が決まっている電力小売りの自由化があります。

これは今までは決まった電力会社からしか購入できなかった電気が好きな会社から購入することができることになり、
その結果競争原理がはたらき今までよりも安い価格で電気の購入ができることに繋がります。
また、オール電化住宅向けの様々な商品プランが出ることも考えられるのでオール電化にするメリットは今後も増えていくと思います。

日本住宅工事管理協会は第三者機関として客観的な立場で工事のサポートを行っております。
オール電化住宅にするための不明点がありましたらお気がるにご相談ください。

オール電化とガスとの比較

オール電化を検討していく中でまず考えないといけないことがガスとの比較です。
オール電化は「エコキュート」と「IHクッキングヒーター」、ガスは「ガス給湯器」と「ガスコンロ」で比較を行います。

オール電化のメリット

エコキュート

夜間の安い電気料金を使ってお湯を沸かすのでガス給湯器に比べお湯を沸かすコストが安いです。
家庭のライフスタイルに合って湯量を過去の使用量から判断して必要な量だけをくみ上げてくれるような機能を備えているものなど、
様々な機能がありますのでご家庭の状況に選ぶことができます。

IHクッキングヒーター

火を使わないので火事ややけどの危険が少なくなります。
熱効率がよく火力も低くありません。
清掃が楽。

ガスに比べると火力が低いイメージがありますが実際はそこまで火力は弱くありません。
直火が使えないため物足りないと感じられる方はおられます。
また、一部使えない調理器具があります。
古いタイプのものは良く調べてから使用するようにしましょう。
経済性のメリットで考えるとガスよりもオール電化のほうが高いと言えます。
住宅のエネルギーを考えるうえでの理想は0円光熱費と考えていますのでその点を考えてもガスよりはオール電化のほうが達成出来る可能性は高いです。

「太陽光発電システム」や「蓄電池」導入が進めばオール電化の最大の弱点でもある停電の時にも使用することができ、ますますガスよりもメリットは高くなります。
これからの住宅のエネルギーを考えていくと様々な点からもオール電化を導入するメリットにつながると思います。

オール電化の電気料金の割引

各電力会社はオール電化住宅に向けて割引プランを提供しています。
詳細は各電力会社のHPをご確認ください。

※詳細はそのつど電気会社に確認することをお勧めします。

日本住宅工事管理協会は第三者の立場で皆様のご自宅のエネルギー問題をサポートさせていただきます。
オール電化にした場合のメリットデメリットなどご不明なん点がありましたらお気軽にご相談ください。



運用サイト

ページトップへ戻る