ガス給湯器

TOP >  ガス給湯器

ガス給湯器の交換や業者探しも日本住宅工事管理協会にお任せください

ガス給湯器とエコ給湯器の比較

ガス給湯器とエコ給湯器の違いはどの点にあるのでしょうか?

ガス給湯器のメリット

湯切れの心配がない
機器サイズがエコ給湯器に比べて小さいものも多い。
設置場所を選ばない

エコ給湯器のメリット

劣化や故障の原因になりやすい燃焼部分が少ないので製品寿命が長く故障が少ない。
火を使わないため燃焼音がなく静か
タンクにお湯をためておくので万が一の場合、ためているお湯を使うことができる

電気代金とガス代金・イニシャル費用で比較する

イニシャル費用は一概には言い切れませんがガス給湯器のほうが安くなる場合が多いです。(商品種類が多く安価なものから高価なものまであるためです)
ランニング費用で考えると電気料金の安い深夜電力を使えるエコ給湯器のほうが安いといわれています。

そのため初期費用だけで考えるとガス給湯器のほうが安価ですがランニング費用で考えるとエコ給湯器のほうが安くなります。
そのため、どちらが良いかはご家庭の状況によります。
太陽光発電システムやオール電化システムを利用している場合はエコ給湯器を活用している方がよいですし、そうでない場合はガス給湯器のほうがよいといえます。
どちらがお得かを明確にするためには電気料金とガス料金をしっかりと比較する必要があります。

日本住宅工事管理協会ではどちらを導入するのがお得なのかも客観的に判断しておりますのでお気軽にご相談下さい。

ガス給湯器の選び方

ガス給湯器は多数のメーカーから様々な種類が出ています。
皆様のライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

代表的なガス給湯器の選び方をご紹介いたします。
どの様なガス給湯器を選べばいいかが分からない場合、お気軽に日本住宅工事管理協会までお問い合わせください。

給湯器のタイプ

1ガス給湯器設置フリータイプ
現在最も普及している、離れた場所(屋外などが多いです)に設置されているタイプのものです。

2ガス給湯器浴室隣接設置タイプ
浴室に隣接して設置するタイプです。

3ガス給湯器
室内に設置されるタイプです、自動湯はりができるタイプのものがあります。

給湯能力から考える

どれくらいのお湯を使う可能性があるかで給湯器を選ぶことができます。(家族構成などからも考えられます)
給湯器には号数がついていてこの数字でどれくらいのお湯を使うことができるかが変わってきます。

4人家族ですと24号タイプがお勧めです。
2人家族ですと16号をおすすめしています。

この号数は水温プラス25度のお湯を1分間にどれだけ出せるかを出せるのかを表しています。
計算方法は下記のようになります。

お湯が出る量=(号数×25)/(お湯の温度-水温)となります。
つまり16号で水温が10度とした場合、1分間に42度のお湯を出そうとした場合
12.5リットルとなります。
計算式 (16×25)/(42-10)=12.5

この数値をしっかりと把握してご家族のライフスタイルに合ったガス給湯器を選ぶようにしましょう。

ガス給湯器の性能で考える

ガス給湯器には大きく3つの性能があります

① フルオーダー
② セミオーダー
③ スタンダード

お風呂に用いる機能でわかれています。
フルオーダーには①自動湯はり②設定水位でストップ③自動追いだき・自動保温④自動足し湯が備わっています。
セミオーダーには①自動湯はり②設定水位でストップ③自動追いだき・自動保温が備わっています。
スタンダードは自動追いだき・自動保温があります。
これらの機能から選ぶことができます。

ガス給湯器はこれらの設置場所、使用量、必要機能から選ぶことができますので皆様のライフスタイルから選ぶようにしましょう。



運用サイト

ページトップへ戻る