住宅用太陽光発電

TOP >  住宅用太陽光発電

余った電力の売却ができる住宅用太陽光発電が増えています。

住宅のエネルギーを考える際に必ず検討されるのが太陽光発電システムです。
ご自宅で使う分だけ使用し、余った電気は電力会社に買い取ってもらうことで、電気料金を下げるだけでなく電気の売電収入として利益も出してくれます。

2012年7月に始まった固定価格買取制度で2014年度は1kW36円という非常に高い金額で10年間買取が保証されており、
電気料金の値下げ分と売電収入で得られる金額で初期費用を10年程度で回収することができるため、多くの方が設置を行っております。

新築には最初から設置されていることが増えており、今後既設の住宅の屋根にも設置されていくことが予想されます。
オール電化等との相性もよく住宅のエネルギーを考える上ではなくてはならないものになってきています。
ただし、その反面トラブルが多いのも事実です。
住宅のエネルギーを最適化するために太陽光システムはなくてはならないものです、そのためにもきちんと理解することが重要です。

太陽光システムのポイント

①長くて・高い売電価格
②メーカーと保証について
③設置業者とトラブル

長くて・高い売電価格
太陽光発電の一番の魅力はご自宅で使わなかった電力を電力会社に売却することができる点にあります。

固定価格買取制度では2014年度では1kW36円での売電金額を10年間保証しています。
関西電力の場合通常、1kWあたりの電気料金は20.84円となっています。(使用電力量によって異なります)
つまり、関西電力から購入するより高い金額で発電した電力を購入してくれることになります。

10kW未満の太陽光発電システムは余剰電力しか買取を行ってくれないため、発電したすべての電力を売却することはできませんが36円という金額は購入するより高い金額のため、
節電だけでなく収益を得るという点でも太陽光発電事業は魅力的といえます。

ただ、高く売却できるだけでなく2014年度であれば36円という売電価格が10年間保証されているということも多くのご家庭には大きなメリットになっています。

メーカーと保証について

太陽光発電システムは様々なメーカーから販売されており、それぞれのメーカーごとに特徴があります。
これから検討される方がはじめに検討すべきは保証についてです。

知っておくべき保証内容

①出力保証 ②システム保証 ③災害補償 ④工事保証

①出力保証

太陽光パネルは様々なサイズがあり、パネルごとに発電量が異なります。
どれくらいの発電量が見込めるかについては各メーカーが出してくれるシミュレーションが参考になります。
出力保証というのは各メーカーが算出したシミュレーション数値の規定値を下回った場合、無償にてパネルの交換を行ってくれるというものです。

通常、国産メーカー20年、海外メーカー25年となっています。
シミュレーションの規定値はメーカーごとに異なりますがおおよそ10年目までは90%まで20年目までは80%までとなっています。

②システム保証

出力保証は太陽光パネルに対しての保証に対してシステム保証は太陽光システム全体にかける保証になります。
通常10年の保証期間でメーカーによっては15年に延長できる場合があります。
太陽光発電システムはパネル以外にも様々な機器があり、パネルは20年以上持つといわれていますが精密機器であるパワーコンディショナーなどは耐用年数が10年程度といわれているので壊れた際に保証が必要になってきます。 システム保証は各メーカーに差がありますので特に気をつけたほうが良い点です。

③災害補償

地震・津波・戦争以外の災害に適用される保証です。
メーカーごとに大きな差はありませんが保険会社が異なっていることが多いです。
どこの保険会社が災害補償を請け負っているのかを調べることが望ましいです。

④工事保証

住宅設置の際に気をつけないといけないのは雨漏りです。
住宅に設置する方法は様々ありますがすべて屋根に対して何かしらの施工を行います、工事のやり方が雑であれば雨漏りが起こる可能性があります。

工事保証の中には雨漏りした場合にメーカー保証が効く場合があります。
メーカーによっては雨漏りの保証を行わない場合もありますのでこの点はよく注意するようにしましょう。

設置業者とのトラブル

太陽光発電システムを設置する場合に一番気をつけないといけないのは業者の選定です。
太陽光発電システムは10年間以上の設置を行うことが前提となっています。
そのため、10年以上のサポートができる業者を選ばなければいけません。

太陽光システムの設置は固定価格買取制度が制定されてから右肩上がりで伸びています、その結果多くの設置業者が参入してきています。

多くの業者は問題ありませんが中には工事経験がまったくなく、儲かるという理由のみで設置を行っている業者がいます。
このような業者に当たってしまうと後々取り返しがつかないようなトラブルが発生してしまいます。

多くの方が業者選定で悩まれ、失敗をしています。
業者選定に失敗しないためには太陽光システムについての正しい知識を得ることですが、知らなければいけないことはあまりにも多くなかなか難しいのが現実です。

これから検討を行っていく方には当協会のように第三者機関にご相談することをお勧めします。
客観的な立場からのアドバイスを行っていますのでメーカーの選び方や適切な費用についてサポートをいたします。



会員施工事例

太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電

施工事例一覧を見る



関連リンク

一般社団法人日本住宅工事管理協会

JCMA屋根相談

JCMAインスペクション

ページトップへ戻る