これからの住宅を考える「スマートハウス」

TOP >  これからの住宅を考える「スマートハウス」

最終的な目標は光熱費0円と売電収入を得ること!?

これからの住宅のエネルギーはどうなっていくのでしょうか?
大手ハウスメーカーが開発しているスマートハウスや光熱費0円住宅の目的はエネルギーを賢く管理することで省エネを目指し、光熱費をできる限り下げるというものです。

今後の住宅エネルギーを考える上で知っておきたいキーワードは「太陽光発電」「蓄電池」「オール電化」「HEMS」などです。
これらの技術革新が進んでいけば太陽光発電で発電した電力を蓄電池に溜め、
電力を自給自足できるのでオール電化住宅にすれば災害が起こっても同じ生活を送ることが可能になったり、光熱費も0円に抑えることができるようになるかも知れません。

それだけでなく、2016年には電力の小売が自由化され、今までのように決まった電力会社からしか電気が変えなかったのが自分たちで目的に合わせた電力会社を選ぶことができるようになります。

その結果今後の住宅エネルギーは今までとは違いもっと「賢く」、もっと「節約」することが可能になってきます。
今後、住宅エネルギーを考える上で重要なのはしっかりとした情報を持ってご自宅の状況に合わせて最適な選択を行うことだと考えます。

日本住宅工事管理協会がサポートする住宅のエネルギーは段階的にサポートすることを目指します。
最初から光熱費0円を目指すのではなく皆様の状況に合わせて最適と思われるサポートを行っていきます。
経験豊かなスタッフが皆様のご家庭のエネルギーについてしっかりとサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。



会員施工事例

太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電

施工事例一覧を見る



関連リンク

一般社団法人日本住宅工事管理協会

JCMA屋根相談

JCMAインスペクション

ページトップへ戻る